コラム

プラグインの不具合が原因で開かなくなり、復旧作業で参りました

サイトがあまりにも低速化しているため対処で頭を抱えています Google PageSpeed Insightsの評価で困ってます。この評価が低いとSEO的に不利=検索時に表に出てこなくなる=見てもらう機会が一層低くなる→モチ...
コラム

スルメ・デ・ロチャさんによる10の質問

こちらについてですね 1番目の問いにつきまして 元々存じています。元共産党員なので元を正せば活動上、執拗な嫌がらせを受けた被害当事者です。統一教会については米国の反共政策に基づくCIAの関与による共産党潰しのために岸信...
コラム

「性的搾取問題」の本丸は女性の「希少性」低減の問題

駆け引きの戦略と基となるコケットリー コケットリー(英語: coquetry、フランス語: coquetterie)またはフラーティング(英語: Flirting)は、女性特有のなまめかしさのこと。フランス語のcoq(オンドリ)に由...
コラム

財政出動は戦争の道というウソ

財政出動は予算のパイを大きくするだけに過ぎない 大きくなったパイをどう割り振るかは政権次第 財政出動したからといって直ちに軍拡、軍国主義化するわけではありません。当たり前ですよ、予算のパイが大きくなっただけに過ぎないのですから...
政治

不信感しか残らなかった共産党中央委員会の対応

事の発端は山下芳生参議院議員のツイート炎上事件です 山下芳生参議院議員のツイートには何も落ち度が見当たらない このツイートを偏見なく素直に読んでみましょう。 一行目は犯人の言い分を引用しているだけで、山下氏の意向...
コラム

軍師の荒唐無稽な婚活・少子化論

さすが藤巻健史が後継と認めた需給バランス度外視っぷり 軍師さん(@tigeronpass11)という奇妙な藤巻健史の追っかけがいるんです。藤巻健史はハイパーインフレは需給バランスと切り離して日銀破綻で起きるという荒唐無稽なロジックを...
コラム

日本共産党は改憲派に転向してしまいました

きっかけは近頃共産党が過度に礼賛するフェミニスト 今最も表現規制に熱心なのはネトウヨでも与党でもなくフェミニスト 実はネトウヨは戦前復古的な価値観を持ちながら、それほど戦前のような表現の取締りを推進しているわけではありません。...
政治

日本では共産党も新自由主義勢力です

マルクス主義が新自由主義者だって? 佐藤健志氏のこの言葉が刺さります。 有名なマルクス経済学者の大内兵衛さんまで、「この不況は、放っておいたほうが資本主義は健全になる」という旨の発言をし、赤字国債発行絶対反対を表明され...
政治

さようなら日本共産党(後編)

フェミニストを名乗る差別主義者に乗っ取られる 今日幅を利かせているフェミニストは人権の原則に背反する 共同声明「フェミニスト原則の再確認を呼びかける」 (swashweb.net)から引用 人権は、ジェンダー、性的指向、...
政治

さようなら日本共産党(前編)

20年余党員をしておりましたが離党を決意 率直に言って原点を見失ったという所に尽きます。すべての国民を救おうという気概が消えた、政策的に大きく後退した。この所の党の挙動が国民を選別・分断する動きになってきており、平等を目指そうとした...
シェアする
タイトルとURLをコピーしました