森会長の発言の問題点は「2つ」あります

女性差別の問題は言うまでもないですが

公人に準ずる立場にある人があのような事を述べるのは言語道断です。
むしろそうした男性、しかも年齢の上の人がオープンな議論を煩わしいと感じ、裏や密室で談合のような形で物事を決める方が効率的だと考えているのでしょう。
ただでさえ公的な意思決定の場では少なすぎる女性を更に排除しようとする、まぎれもない女性差別発言と言えます。

ただ、問題はこれだけではなかった

女性差別の問題で騒ぎすぎてもう一つの問題が置き去りに

森会長がそもそもどういう脈絡であの発言になったがこそが問題

先述の件は多くの方が糾弾しているで今回は敢えて積極的には述べません。この発言についてもう一つ致命的な問題点があり、女性差別を理由に叩くことが目的化してしまい、もう一方の問題が置き去りになってしまいます。
もう一つ問題があるというのは、組織運営上において非常にまずい問題で、その問題とは何かと言えば「どういう脈絡であの言葉が出たのか」というその背景から分かります。

リテラより引用

現在、JOCの理事は25名おり、そのうち女性はたったの5名なのだが、2019年にJOCの理事会を非公表とすることを元柔道日本代表の山下泰裕会長が提案した際、反対した4名は小谷実可子氏、高橋尚子氏、山崎浩子氏、山口香氏と、全員が女性の理事だった。このメンバーについて、毎日新聞(2019年8月26日付)は〈普段の公開の理事会でも積極的に発言する顔ぶれだった〉と伝えている。

 また、理事の山口氏は、最近も〈最近の世論調査では、国民の大半が五輪の中止・再延期を要望している。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言の発出や変異型への懸念もあり、「残念だけど、難しい」というのが冷静で、現実的な感覚なのだろう〉と率直な見解を示し、「絶対にやる」と言い張る政府やIOCの姿勢に対しても〈国民を置いてきぼりにした前のめりの姿勢〉〈政治とか経済とか、別の理由や思惑があるのだろうと冷めた目で見られていると思う〉〈世界で200万人超の死者が出ているという現実を前に、「五輪は人類がコロナに打ち勝った証し」という言葉がむなしく聞こえる。「勝たねばならぬ」の精神がここにも見え隠れする〉(朝日新聞1月26日付)と、じつに真っ当な指摘をおこなっていた。

 ようするに、森会長は「理事会は公開すべき」と当然の意見を述べる女性理事たちを忌々しく思い、積極的に発言するという理事としての責務を果たしてきた女性理事たちを「女は競争意識が強い」などと攻撃・排除したかったのではないか。

https://lite-ra.com/2021/02/post-5782_2.html

この部分は非常に重要で、森会長はこの女性理事の態度を忌々しく感じているのは理事会を非公表とすることで密室化させ、無風状態にしてやり過ごそうと考えていたのではありませんか。議論になることがそんなに煩わしいとでも思っているのでしょうか。会長として意思決定する者としての意識と意欲を問われますし、何のために理事会を開くのかという意義まで問われます。

無風状態の理事会を開くことに何の意味があるのでしょうか。ただ形式的に開いた事実さえあればそれでよいのでしょうか。そうであれば理事会自体は形骸化しており、理事会を開く時間も費用も無駄です。出席する理事の存在意義も疑問に思えます。
無風状態ではただ事前に決められている筋書きを確認するだけになってしまいます。確認するだけなら理事会など開かず書面配って各自で確認すればよいのではないでしょうか。

背景にある意識と意欲の無さと理事会の形骸化をもって更に責められるべき

事の本質は森会長の「意識」と「意欲」の無さ理事会の形骸化です。理事会は意思決定の場であって、確認のための打ち合わせではありません。意欲のある人であれば意思決定の幅を持たせるために活発な意見が出されることを望み、傾聴しようとするはずです。無風状態で事が進むということは良くない兆候だと思わなければなりません。

女性理事から出された意見も、理事会の密室化、無風状態で事が進むことを懸念しての対応であり、真っ当なものです。これに対して切り捨てるような対応をするのは会長として著しく資質を欠いていると言うほかありません。
山下氏の提案も「事なかれ主義」を汲んでの提案だった可能性も高く、意思決定が為される場での運営においては非常にまずい提案です。

本来なら構成員の理事との議論の中で意思決定をする際には「事なかれ主義」になっていないかまで問い直す必要があります。それどころかまともに議論しようとせず、無風でやり過ごそうとした。
このよう考えの下であの発言があったというのが致命的です。明らかにトップとしての意識と意欲が感じられません。本来なら理事ですら「事なかれ主義」で合意するのでさえも問題にすべき事になるのに、会長自らが「事なかれ主義」では示しがつきません。

従って、あの発言の何が問題かというと「密室化に抵抗された腹いせ」で出た言葉だということです。組織として非常にまずい方向に舵を切ろうとしていることを問題にしていかなければなりません

このような資質に欠いた態度をとるのであれば、辞任を待たず速やかに解任させるのが適当と言えます。森会長本人は辞任については拒否しており、クビにでもならない限り居座るつもりです。
ならばクビにしてもらうしかありません。

そもそも開催は中止した方がよいと思ってます。

タイトルとURLをコピーしました