弾劾裁判でトランプ氏に無罪の評決

1月の米連邦議会襲撃事件は米国の民主主義に汚点を残すもの


事件はトランプ前大統領の発言が発端だった。上院は弾劾裁判でトランプ氏に無罪の評決を下したが、選挙の敗北を受け入れられずにとった言動による前大統領の責任は極めて重いでしょう。
トランプ氏が「反乱を扇動した」として訴追された弾劾裁判は、わずか5日のという短期間の審理でした。

待ったなしの新型コロナウイルス対策などで審議が遅れることを避けたい民主党としては、短期決着を図ろうと共和党に配慮したものと窺えます。しかし、事の重大さからみて審理を尽くすべきでした。人的被害だけでも警官を含む5人が死亡し100人以上が負傷したという大きな事件です。これを大統領という公人が教唆したということは由々しき問題と言えるでしょう。

共和党50人中で有罪票を投じたのは7人に留まり、有罪評決に必要な出席議員の3分の2には届かず、過半数を越えるのがやっとでした。多くの共和党議員は任期満了を理由に問えないこととして無罪に回ったのです。元々弾劾裁判を起こした時点で任期はあと10日しかなかったため審理中に任期を終えてしまうと共和党は消極的でした。
もっとも、任期が僅かしか残っていないのに敢えて弾劾裁判を起こそうとしたのは、解任することが目的ではなく、むしろ大統領が事件を招いた責任を問うことにあったのではないでしょうか。

共和党議員は強固なトランプ支持層の顔色を窺っている

実際は、扇情的なやり方で支持を集めて共和党への支持を固めてきたトランプ氏の手腕が依然として党内に大きな影響力を持っているため、。トランプ氏は支持者を「議会へ行こう」とたきつけたばかりか、騒乱が激しくなっても収拾になかなか動こうとはしませんでした。これでは暴動を黙認したようなものです。

トランプ氏の人気に依存しているのが共和党の現状なのではないでしょうか。トランプ人気に便乗しないと議員も選挙で苦しくなる。一人の人物の人気に依存してしまっており、これはまるで小泉純一郎時代の自民党のような有様です。

バイデン陣営が当日の投票所での密を避けるために期日前投票を呼びかけていたのもあり、期日前投票の票が多かったのが今回の選挙。そして当日投票の集計後に期日前投票の票が集計された影響で、みるみるうちにバイデン氏への票で抜かれていく状況が不審に思えたのでしょう。
これを不正選挙を言い立て、支持者を煽って権力移行の議会手続きを阻止しようという行為を見過ごすわけにはいきません。

トランプ氏は潔く負けを認めて自らけじめをつけるべきでした。しかし本人に反省の色はまったく見られない。敵と味方を峻別して分断を広げたトランプ流が共和党支持者に浸透したいたのか、有罪に回った7人の共和党議員には、トランプ氏の支持者から「裏切り者」と罵声が飛んでいます。しかしこの7人の議員もさすがにトランプ氏の行為はさすがに度が過ぎており責任があると判断したのでしょう。共和党内にも良心のある議員はいたわけです。 

余談ですが

ちなみに今回の大統領選挙、私の予想ではどちらが勝つか分かりませんでした。投票率が高ければバイデン氏が有利、投票率が低ければトランプ氏が有利と見ていました。戦術的に見てもネガティブキャンペーンを多用するスタイルは低投票率で自陣への票の積み増しが難しい時に敵陣への票を削ることで有利に持ち込むという作戦なので、低投票率を見込んだ戦術です。

しかし、今回の選挙はコロナ禍の中でむしろ国民の関心が高くなっていたようで、120年ぶりの高投票率となりました。トランプ陣営としてはコロナ禍で投票所へ足が遠のくと見て低投票率を期待していたのでしょう。だから期日前投票に対して攻撃を入れてきたんでしょう。期日前投票で投票率が上がると戦術上不利になって困るから。

タイトルとURLをコピーしました